男の気持ち

SEXのときのブラは邪魔でしかない話【男の本音】

 

女性の身体を美しく魅せる、下着。

人によっては真っ裸よりも下着の女性のほうが興奮するという話もよくききます。

 

しかしそんな男性ばかりでないというのも、事実。

 

私はあえてここで”ブラジャー”のことをディスりたいと思います。

ブラはSEXに不要・・・いえ、むしろジャマだと主張します!!

 

アダルトグッズのNLS

セフレと意見の一致した「ブラ ジャマ説」

 

いまいちばん長くセフレ関係である女の子と話していて「だよね~」となったこと。

それはSEXする上でブラはもはや初めからない方がいいよねって話

 

 

「いや、お前どんだけせっかちなんだよ!!」って思う人もいるかもしれません。

でもちがうんですよ。

 

子供をつくることが目的でない、愉しむための、愛し合うためだけのSEXのとき。

もっと相手の身体の体温、やわらかさとか、しなやかさとか、そういうのを全身で感じたいじゃないですか。

そういうSEXをする上では、あんなゴワゴワした固いブラなんていりません。ジャマです。

 

SEXってだいたいは、ねっとりしたディープキスから始まりますよね。。

 

そこでお互いの気持ちが上がったとき。そのまま興奮を味わいたい・・・けど、ブラがあるからそこは攻められない。そして上を脱がさないと、ブラは外せない。

んで、本当ならば気持ちが上がったまま服の上からでも攻めたいのに、ひと手間がかかるのですこしテンション下がる。。

 

ということが起きるわけです。

 

だったらお互いに気持ちを維持するためにも、ブラがジャマしない方が男女ともに気持ちいいですよ。

男だって気分上がらないと良いパフォーマンス得られないですからね!

 

>>ちなみにセフレはここで見つけてます

 

 

ブラがあることで気分が下がった話

 

女の子と知り合って何度かデートを重ね、ホテルへ行くとき。

 

私がシャワー浴びてきて「次いいよ~」と言っても、なぜか「私、シャワーいいわ。」という反応をする女の子がいます。

「そうなのかぁ」と思いながらも、いざベッドイン。

 

 

ディープキスからのおっぱい・・・うん、ブラあるのでまぁカタいですね。笑

 

 

お互いノリノリだったんですが、女の子が私服姿だったのでゆっくり脱がせます・・・。

 

私服が脱がしにくいオシャレな恰好なときも気持ち下がるんですが、やっぱり問題はブラですよ。

これまで幾度となく感じてきたことですが、ブラはいちいち外しにくいし、脱がしにくいし、触ってもカタいし、良いことないと思うんだけどなぁ。

「なんでこれからヤるってときにつけているんだろう。」毎回、ここで何となく気持ちが下がっていくんですよね。

 

 

さらっと外すのもいいんですが、初めからついてないに越したことないですって。

 

 

 

「ジャマだからって、初めからノーブラだったら男性、ヒクでしょ!?」と思いますか?

ええ、だから初めにシャワーしたり、そうでなくてもゆったりした格好になるでしょう・・・。

 

あのね、男は服の上からおっぱいモミモミっていうのが、SEX始まるときの至福なんですよ。

そしてテンションあがったところでシャツをまくるなり、前のボタン外して「ほろん♪」と出てくるおっぱいを味わいたいわけで。←笑

 

 

ブラだって今いろんな種類があるでしょう。

ガチガチのブラじゃなくて、ユ〇クロのワイヤレスブラとか、もっと簡易的なやつとか。。

 

女性が思ってる以上に、男性はそういうところ求めてます!・・・本人には面と向かって言えないだけで。笑

 

>>セフレはみんな1人はもつべきですよ☆

 

 

結論、SEXのときはゆったりな部屋着がベスト

 

何度でも言いますが、愉しむSEX、愛し合うSEXをするのであればそこにブラは不要です。

初めから下着姿でいるなら話は別ですが、そうでないならもっと簡易的なブラにしましょうよ。

 

ということで、男女が共に心から気持ちいいSEXをするには。

ホテルだろうと家だろうと、ゆったりした部屋着とかパジャマくらいなのがいちばん最高です。

 

まぁ人それぞれと言えばそれまでですが、いちどブラなし(もしくは簡易ブラ)で楽しんでみてください。お互いに気持ちあがりますから。

 

 

これに関しては皆さんの意見も聞いてみたいです。

もし記事を読んでくださった方がいらっしゃいましたら、批判なり別の意見なりちょっときいてみたいなと。

 

みなさんどうかお気軽にコメントしてくださいね~。

 

 

オナホは「本物より気持ちいい」という意見が・・・!?
アダルトグッズのNLS

-男の気持ち
-

Copyright© エロの哲学。 , 2021 All Rights Reserved.