不倫

不倫とか浮気とか関係なく「自由恋愛」を認めればいいんですよ。

 

みなさん、きょうも不倫を楽しんでますか?

 

不倫って、世の中では「あっ!いけないんだぞぉぉ~!!」って指をさされるものですよね。

これは法律うんぬんとかじゃなくて、みんな自分ができなくて嫉妬してるだけなんです。マジで。

「いい想いしてんだな。。」っていう想いの裏返しで批判されるのには慣れました。

 

まぁ気にしないようにしましょう。

 

さて、ここではちょっとある楽になる考えかたについて話してみようと思います。

それは「おたがい相手の自由を認める」という、だぁ~いぶ進んだ考えについてです。

 

つまり

「自分も好きなように恋愛するから、君も自由に愉しんで心を満たしなさい。」ということ。

 

 

いいですか?頭を柔らかくして読んでくださいね?

さて、はじめましょう。

 

こちらの記事もご参照

 

 

そもそも結婚という制度は人が勝手に決めたもの

 

みなさん、うまれた時から結婚制度は世の中にありましたね。

なので不思議に感じるひとはいないと思うんですが、よく考えるとちょっと窮屈な考えかたなんです。

 

世の中には道徳があるにしろ、みんな人間なんですから。

表に出さないだけで、心のなかには欲望がたくさん詰まっています。

 

 

なかでも「性欲」に関して。

1人だけを一生見続けて、他の異性とはまったく良い関係にもならずに死ぬまで生きることが人間に可能か!?ということ。

 

 

はい。私にはムリです。笑

 

 

世の中を見渡すと、とても素晴らしい人はたくさんいます。ほんと大好きです。

そしてそれが異性であったとき。そして、とても魅力にあふれる人であったなら・・・?

 

そういう異性に”ノータッチ”な人生なんて、味気ないですよ。

 

 

相手が心から大切であるからこそ、自由恋愛させます。

 

私は恋人でも結婚相手でも、相手のことを好きだからこそ自由恋愛を認めています。

 

人って、自由を拘束されて縛られるほど心のストレスになるんですよ。

そして上記したように、結婚制度という誰かが決めたことに従うことで私たちはみな「浮気や不倫はダメなこと!」とか言ってモヤモヤしている。

 

 

そうじゃなくてもっと柔軟に考えればいんですよ。

 

 

相手のことが本当に好きであれば、好きなように恋愛だってさせてあげましょ?

「いや、そんなの勝手に恋愛されて自分のところに戻ってこなかったらどうするの?」と思いますよね。

 

 

だ・か・ら・結婚という制度はそもそもがおかしいんです。

 

人はそもそも、所有物ではありません。

「一生この人と生きていきたい!」という気持ちになれる人と出会えたなら、べつに結婚しなくてもいっしょにいればいいわけです。

 

結婚とか関係なく、子供ができたならいっしょにきちんと育てること。

あちこちで子供作るだけ作って逃げるような男がいたとしたら、そいつはかなりの精神異常者ですよ。病院行きです。

でもあくまで自由恋愛なので、別の人と子供を作ったらきちんとそっちも責任もって育ててね?って話になりますけどね。

 

 

すみません、ちょっと話がズレましたね。笑

 

 

私がここで言いたかったのは

好きな相手の自由を縛ってモヤモヤさせるより

自由に楽しいことさせたほうが本人にとって幸せでしょって話。

 

 

 

現に私はいろんな異性とかかわることで満たされ、心に余裕ができています。

大切な人へはイライラすることなんて一切ありません。ケンカも起こりません。浮気・不倫しても本人が幸せだと思うならやってほしいです。

 

そういうことなんですよ。

 

 

さいごに。固執した考えかたをする人は心を消耗します。

 

私たちは、本来もっともっと自由であるはずなのに、お金や変な規則に縛られて生きてる。

そしてその規則に従わなければいけないんだ、と変に納得して毎日を過ごしている。

 

でもね。

そんな世の中でも、もっと柔軟に考えるべきところはたくさんあると思うんですよ。

 

世の中のルールを変えるなんて大それたこと自分一人じゃできないです。

でもみなが心の奥に眠る「おかしい」って気持ちとか欲望に正直になれば、変わっていくと思いますけどね。

 

 

 

-不倫

Copyright© エロの哲学。 , 2021 All Rights Reserved.