性について

野外SEXに適している場所と、注意すべきポイント5つ

 

ふつうに部屋でSEXするのもいいですが、やっぱり野外もいいですよね。

でもだいたいの野外SEXにハマる人って、初めから野外に興味があったわけじゃないことが多いんです。

 

はじめは外でするつもりがなかったのに、恋人と人気のないところで過ごしているうちにキスして・・・

だんだん手の動きがエロくなってきて・・・そして止まらなくなっちゃうんですよね。笑

 

そして一度そうやって野外でフェラ・手マンにとどまらずにSEXまでしてしまう人が口をそろえて言うこと。

 

 

「誰かから見られるかもしれない」というスリルで、ふつうとは違う興奮がある・・・!!

 

 

まぁ私としてもそれはわかります。。

というか場合によっては、もういっそ「誰か見てるんなら見せつけてやれ!」くらいに感じる事ありますけどね。笑

 

ここではそんな野外SEXについて適している場所と注意についてお話します。

 

 

 スポンサーリンク

 

総合的にみて野外SEXに適している場所

 

人によっては、混雑しない時間帯のデパートのトイレとか、マイナーな施設の非常階段、車の中がいいとか言う人もいますね。

 

でも個人的にはデパートのトイレは少しでも中で変なことしてると思われたら、すぐ警備員に通報されてバレる。

マイナー施設の階段って言っても、わりと建物管理の人とか通行人とかいますからね。

そしてカーセックスは外から見るとめっちゃ車揺れてるので、それこそ人気のない場所だといいけど。。狭いとやりにくい。汗

 

 

・・・もう結論言います。

 

 

 

森林のなか、茂みのなかが総合的に言って適しています。

 

そのことについて、次でお話していきますね。

 

 

野外SEXに森や茂みのなかが適している理由

 

野外SEXには森のなかがいちばん良かった。できれば夜がいいですね。

 

ほどよい距離に街灯があって、その場がうっすらとするくらいが気持ちも上がる。

 

ほんと、”森林”って適してるなと。

だってみんな行こうと思う場所がBBQ場あるとか公園が付属しているとかでもないかぎり、”ただの森の中”なんて行かなくないですか?

 

 

その時点で「人気(ひとけ)のなさ」はクリアしている。

それでいて「まったく人が来ない」と確定しているわけでもない。

 

 

森やしげみの中と言っても、近所の人がお散歩するとかハイキングとか、目的はそれぞれですけど来る可能性はありますよね。

私もいちど、真っ最中に遠くのほうで歩いてるおじいさんを見ましたし。笑

 

でもね、森林のなかや茂みのなかでヤッてると、不思議と気持ちが開放的になるというか。

部屋の中では味わえない、木々の音とか、肌に直で感じる風とか、空間の広がりとか、そういうのがとにかく気持ちいいんですよね。

 

「いや、自分は野外SEXするなら街中派だ!!」って言う人もぜひ試してみてください、森の中いいですから♪(←自信たっぷり。笑)

 

 

野外セックスで気を付けるべきこと

 

スリルと解放感、いい意味での背徳感のある野外SEX。

気を付けておくべきポイントについて書いておきますね。

 

誰かの”所有地”でないことを確認しておく

まぁ、一応ポイントとしてね。

森や茂みのなかと言っても、誰かの土地のなかでSEXしてたら捕まっちゃいますから。笑

 

私有地の看板があったり、付近にロープや立ち入らないための柵みたいのがあった、あとは畑が近くにあったりしたら私有地である確率高いですね。

なので車とかあればちょっと足伸ばしてマイナーな街の裏がわ、誰の場所でもない茂みのあたりでヤるのが興奮しますよ。

 

場所により、”声の出しすぎ”注意

 

やっぱり女性は気持ちよさが高まると声が出ちゃいますよね。

これは野外SEXしはじめて気になりだすんですが、あぁいう声って話し声とちがってけっこう遠くまで聞こえちゃうんですよね。笑

 

シンとしてる森のなかだったらなおさら。

そしてさらに、夜だったらなおさら。

 

なので女性にはできるだけ声を大きく出さないよう、念をおしておきましょうね。

まぁ・・・そうやって声を押し殺してる感がまた、めっちゃ興奮しますから。

 

声出してほしくないのに、ガマンしてる姿にこっちが興奮してカチカチになってピストン速まるーーー!!みたいな。笑

 

”同じ場所”で頻繁に野外SEXしないこと

注意すべきは、良い場所見つけたからと言って毎回毎回、同じ場所で野外SEXしてるとウワサ立ちますからね。

 

ほんの数回なら大丈夫かもしれない。

でも何度も同じとこでヤッてると、そのうちたまたま誰かが気づいたり「なんか変な声がする」みたいのに違和感感じる。

んで、そのうち遠くから見られてウワサ立って、酷ければ通報されます。

 

野外が気持ちいいのはめっちゃわかるんですが、やっぱりやるなら場所は変えた方が無難ですね。

 

”衛生面”にも注意しておくこと

 

野外SEXは気持ちが開放的になるぶん、衛生面がおろそかになりがちなんです。

 

いつもの頭で考えればあちこち触ったりちょっと汚れたら、手を洗うとかするのに。。

野外SEXのときはとにかく「誰かに見られたら。。」みたいな焦りとか、あとは逆にいつもと違った興奮に「ちょっとくらい大丈夫!」みたいに感じちゃうんですよ。

 

とにかく衛生面だけはきちんと意識しておく。

私もあとから感じたことですけど、野外は多少風があっただけでも土埃が舞ってますしね。

 

・・・とは言え、過敏になりすぎても楽しめないので適度にどうぞ。

 

 

夏は”蚊”に注意してください。

 

野外SEXに適した気候って、言わずとも春から夏くらいじゃないでしょうか。

そして春のポカポカ陽気のなかだったら気持ちよくてしょうがないですけど、問題は夏ですよ!

 

もうね、いちどは真夏の夜に野外SEXじゃなくて”野外フェラ”してもらっただけでも、ボコボコに刺されました。。汗

そのときは夜デートの帰りに「ねぇ、ちょっと口でやってよ♡」みたいな流れだったのでわりと早い流れであったにもかかわらず。

 

茂みのなか。女の子はシャツから胸だけはだけさせて自分は下半身だけ脱いでた。

茂みのできるだけ暗いとこまで移動して、ちょっと絡み合ってわりとすぐフェラ開始。

口内射精するまでの、そのせいぜい十数分くらいでふたりともあちこち10か所ずつくらいは刺されましたね・・・。

 

めちゃ気持ち良かったのに、それが吹っ飛ぶくらいかゆかった!!笑ッ

・・・これはみなさんもどうか気を付けて。

 

 

スポンサーリンク

 

-性について
-

Copyright© エロの哲学。 , 2021 All Rights Reserved.